よくある質問

- FAQ -

総型工具のトラブルシューティング

総型バイトの摩耗を抑えたいのですが。。。

工具摩耗は大きくスクイ面側で発生するスクイ面摩耗とニゲ面側で発生するニゲ面摩耗の2種類があります。スクイ面摩耗は、切削時に熱を持った切屑がスクイ面上を流れる際に、その熱によってスクイ面が損傷してしまうことが原因と考えられます。一方のニゲ面摩耗は、切削抵抗が大きいことによって工具の撓み、変形が繰り返し起きることでニゲ面がワークに擦れることが原因と考えられます。これらの摩耗を抑えるために工具設計(材質・形状)、加工条件、コーティングを総合的にご提案させていただきます。

総型バイトのビビリ対策として、どのようなものが考えられますか?

ビビりは、加工途中で切削抵抗が変化する等で振動が発生し、その振動が次第に大きくなり収束しない状態(共振)で起きます。対策としてはご使用される機械の加工条件やツーリングの剛性、工具形状を見直していく必要があります。機械面での調整に限界があるのか、工具の設定を見直す必要が有るのか。お客様の環境に適した加工条件から工具設計まで総合的にご提案させていただきます。

総型バイトのコストダウン方法として、どのようなものが想定されますか?

当社は、ワーク1個を加工する際に掛かる加工時間と工具費をコストとして考えています。加工時間の短縮は、加工条件を上げられるようにする、複合化を図るなどを主体に考えます。一方の工具費は、寿命も然ることながら、再研磨回数を増やす方法を主体に提案します。

ダブテールや総型バイトで深い溝を加工する際の注意点とは?

溝が深い箇所は除去量が増えるため、切屑の処理が難しくなります。それは、切りくずが分断されずに繋がってしまったりバイトへ巻き付いてしまうことや、加工している溝に挟まってしまうことが多いからです。これらへの対策としては、一定送りで最後まで加工するのではなく、ステップ加工によって切屑を分断させることが有効です。また、ブレーカーを設けることも有効な方法の1つです。

ダブテール加工で刃のチッピングを抑えるにはどうしますか?

チッピングの原因として、芯高が適切に調整されていないことが挙げられます。基本的にはワーク中心と刃の高さが同じになるように設定することが求められます。また、ワーク自体が特殊な形状で、溝が入っていたり断面が正円で無く断続切削で切削抵抗が安定しないときにも起きやすいです。その場合には靭性ある工具材質を選定することで対策できます。

総型工具の切削中におけるトラブルとはどのようなものが考えられますか?

刃のチッピング、スクイ面、ニゲ面の異常摩耗、切りくずの巻き付き、加工寸法にバラつきが出る、面粗度が荒いといったトラブルがおきます。

スローアウェイ総型チップの摩耗量を少なくするためには?

工具摩耗は大きく分けてスクイ面側で発生するスクイ面摩耗とニゲ面側で発生するニゲ面摩耗の2種類があります。スクイ面摩耗は、切削時に熱を持った切屑がスクイ面上を流れる際に、その熱によってスクイ面が損傷してしまうことが原因と考えられます。一方のニゲ面摩耗は、切削抵抗が大きいことによって工具の撓み、変形が繰り返し起きることでニゲ面がワークに擦れることが原因と考えられます。工具設計(材質・形状)、加工条件、コーティングまで総合的にご提案させていただきます。

スローアウェイ総型チップのチッピングを少なくするためには?

原因として、芯高が適切に調整されていないことが挙げられます。基本的にはワーク中心と刃の高さが同じになるように設定することが求められます。また、ワーク自体が特殊な形状で、溝が入っていたり断面が正円で無く断続切削で切削抵抗が安定しないときにも起きやすいです。その場合には靭性ある工具材質を選定することで対策できます。

総型バイトのサイクルタイムを短縮したいのですが。。。

チップによる倣い加工から要求輪郭に成形した刃型の押し当て加工に変更することによってサイクルタイムの向上が出来、あるお客様では20%の生産性向上に繋がりました。

よくある質問一覧