よくある質問

- FAQ -

キーシーターのトラブルシューティング

キーシーターカッターの使用時に、カッター側面に溶着が発生するのですが対策はありますか?

ステンレスやアルミといった延性に富んだ材料で起きやすいです。切りくずが排出されるようにニゲを強くすることや、カッターの側面が当たらないようにマージンを小さくすることで溶着を防ぐことが出来ます。

キーシーターカッターの工具寿命を伸ばしたいのですが。。。

キーシーターカッターは総型バイト同様に再研磨をして繰り返し使用することが出来ます。刃の切れ味が落ちた状態で使用を続けると、刃の摩耗は二次曲線的に加速する為、最悪の場合、再研磨出来なくなってしまいます。ですので、小まめに再研磨をすることで、結果的に長くカッターを使用することが出来ます。また、コーティングを付加することで更に寿命を延ばすことが出来ます。

キーシーターカッターの刃先が欠損・破損するのですが対策はありますか?

ワークが高硬度材の時に起きやすいです。工具形状や工具材質の見直しを行い、ワークに合った加工条件にする必要があります。また、高硬度材用コーティングを付加することも方法の一つです。

キーシーターカッターの摩耗を抑えるためにはどうすればいいですか?

ワークに合った加工条件(切込、送り速度)になっているかを確認してください。キー溝加工は時により重切削となることがあり、機械へ負担も掛かります。機械が適切にストロークしなければ、その影響がカッターに現れます。また、耐摩耗用のコーティングを付加することで寿命が長くなります。

よくある質問一覧